小林亮オフィシャルサイト

アキラのタイコ放浪記Ver.2

第8話 4日目前半 〜セドナ3日目〜

March 14 2009
俺がラスベガスに行くと必ず毎回
ロスから逢いに来てくれる教え子が
数年ぶりに帰国してまして・・・


先週大阪で一緒に飲みました


日本に帰ってくるのは数年ぶりなのだが
毎年の様にアメリカで会ってるので
そんなに久し振りな気はしなかったのだが
色んな話が出来てメッチャ楽しい時間だった


もちろんベガスでの想い出話もする訳で
だから色んな事も思い出す訳で


と言う訳で「旅行の話 2008」の第8話です


前回までの話を知らない方は右枠カテゴリの中の
「旅行の話 2008」をクリックして下さい
(一番古いのから順番に読んでね!)




では本編へ・・・




まずは前日に撮影した月を御覧下さい


メッチャ小さくて見えにくいと思いますが
珍しい三日月だったので撮りました


日本で見る三日月は横から欠けていくのに
ここで見た三日月は上から欠けているみたいです







こんな綺麗な三日月が見れたのだから
絶対に次の日の朝日は綺麗に見えるだろう


と言う事で朝の5時に起きて朝日を見に行きました


遠くに見える山から現れる太陽を見る為に
日の出時間を調べて待ってました







結構近づいてきてますが
雲が多いので心配です







とうとう出たみたいですが
雲に隠れて完璧な日の出は見れませんでした


でも凄く綺麗でした!


少々残念でしたが、気を取り直して
ボルテックスツアーの待ち合わせ場所に
向かいます


ホテルをチェックアウトして出発
車で20分ぐらい走ったスーパーの駐車場が
指定された待ち合わせ場所


少し待っていると赤いバンが到着
中から爽やかな日本人が出てきた


○沢さんと言うツアーコーディネーターの方で
日本でも結構有名なセドナのガイドさんです


我々が行く数ヶ月前にテレビの「弾丸トラベラー」で
女優の国分佐○子さんがセドナに行った時のガイドも
この方だったらしいです(本人談)


そして車に乗り込むと日本人カップルが既に座ってました
彼等は東京から来られていた旅行者でした
偶然ですが彼の方は俺と同じ音楽関係の仕事をしてる人でした


そんな日本人のみのツアーが始まりました


まずは「エアポートメサ」と言うボルテックスに行きます


ここはセドナの空港へ向かう山の中腹にあります
エネルギッシュな活力みなぎる肉体に癒しを与える聖なる岩と言われており
トレイルも簡単に登ることができて絶好の瞑想&景観スポットです







ここは岩の頂上まで登る事が出来たので
360°の景色が見れ最高でした


結構朝早い時間だったので風がきつくて
メッチャ寒かったけど・・・泣


そして次は「ボイントンキャニオン」です


ここはセドナで最も神聖とされている場所で
今でもネイティブ・アメリカンが礼拝に訪れるらしく
日本で言うと伊勢神宮の内宮みたいなところですかね







結構な山道を歩くので、ここはやっぱり
ガイドが居た方が良い場所の様に思う


そして頂上付近で休憩タイム







こんな休憩も出来て
最高の気分



ここは非常にエネルギーが強い場所で
手のひらを大地の方に向けると
「ピリピリ」と感じたりする人も居るとか・・・


それからガイドさんが言うにはエネルギーが強すぎる為
この辺の木などの植物は真っ直ぐ伸びなかったり
グルグル廻りながら成長したり
時には原因不明で急に枯れたりするらしい



その枯れた植物を撮ってきました







先住民の人も昔から何かあった時とか
決まった行事とかで訪れたりするけど
エネルギーが強すぎる為
決してここに住もうとはしないらしい


本当に不思議な場所だった


そして最後は「レッドロック・クロッシング」


ここ数日間、ずっと砂漠と山と岩ばかり見てきた俺にとって
物凄い新鮮な感じがした場所だった


と言うのも・・・







水を見たからだ!笑


ここはカセドラルロックの麓にある小川で
カセドラルロックのエネルギーが流れ込んでくる場所と言われています


ちょうど数日前に山沿いで雨が降ったらしく水の量が多くて
昨日まで向こう岸に渡る事が出来なかったらしいのだが
幸運にも今日から渡れる様になったらしい


向こう岸に渡った場所から見るカセドラルロック
この撮影ポイントが一番らしいです







これで半日ツアーは終了しました


ガイドさんも素晴らしい人で
本当に良いツアーだった


そして・・・


なごり惜しいが、これでセドナの地を離れる事になります
アメリカに到着して4日目、そろそろ都会が恋しくなる頃です


勿論目指すはラスベガスです!


少し寂しかったけどガイドさんとも別れ
車はセドナの街から89号線を北に走り
山越えをします


このまま北上すればフリーウェイの17号線に合流するはず


結構な山道を走っていると何か休憩所みたいな所があり
大きな観光バスが何十台も停まっている場所があったので
俺も入って車を停めてみた


皆が車を降りて歩いて行くので
俺も一緒に歩いて付いて行ってみる


すると・・・







こんな絶景が目の前に現れたのだった!


またもや偶然なのだが
これが「オーククリーク」と言う有名な
絶景スポットだったらしい・・・


あの大きな山の向こうの谷底がセドナの辺だ
そんなに登ってきたのか・・・?そう思って
さっき買ったポテチを見たら・・・







張り裂けそうになってました・・・笑


そんなこんなで再出発
ここからは少し走った所で17号線に入り
少し走ったら「Flagstaff」と言う街
ここで東西に走るフリーウェイ40号線に入ります


ここからは5時間ぐらいひたすら西に向かいます


このままノンストップで
目指すはラスベガス!


と・・・思ってたら・・・



2 years ago on this day

| Category:旅行の話(2008) | 09:44 PM | comments (0) | trackback (0) |

コメント

コメントする










この記事のトラックバックURL

トラックバック

Calender

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30      
<<前月  2019年09月  次月>>

Profile


Akira Kobayashi
Birth 1971.2
Blood type O

QR Code


携帯からも読めます

Week PV Ranking

New Entries

Recent Comments

Recent Trackback

Category

Archives

Search


RSS&ATOM Feeds

  • RSS
  • ATOM
  • ATOM10

Canopus Endoser

メールはこちらから

ドラムスクール開講中!

Canopus Drum

△ このページの最上段へ