小林亮オフィシャルサイト

アキラのタイコ放浪記Ver.2

バイト時代の話 第16話 (バブル続編)

December 29 2007

前回のバイト話で懐かしのバブル時代を思い出した俺ですが
今思ってもバブルは凄かったな・・・


そんなこんなで続きを書いてみたいと思います!


バイト時代の話 第16話!(約16年前の事を思い出して書いてます)


この物語は続きの話なので、よかったら1話から読んで下さいませ!
右にあるカテゴリーの中の「バイト時代の話」をクリックしてね!


もう読んでくれてる人も今一度振り返って見て下さい・・・





では本編へ・・・





まだまだ携帯電話なんて我々貧乏人には持てないバブル時代
我が会社にも肩から下げるタイプの巨大携帯が2〜3台だけあった


もちろんそんな携帯など・・・


持たせて貰えない・・・


バイト君の我々は・・・


東京は八王子の現場で、鬼の様な2日間が終わり
やっとホテルでゆっくり寝る事が出来ると
喜びながら帰る時だった


俺のポケットベルが・・・


軽快なピッピ音を響かせた・・・


発信先を確認してみると・・・


そこには会社の番号が表示されていた・・・


何の問題も無く無事にイベントが終了したかを
確認する為に電話かけて来いって事だろう


そう思いながら電話をする・・・



俺「もしもし小林です」

会社「おう!お疲れさん!」

俺「あっ2日間、何の問題も無く無事に終わりましたよ!」

会社「そんなもん当たり前じゃ!」

俺「はぁ〜」

会社「今からホテル帰るんか?」

俺「そのつもりですが・・・」

会社「まぁ〜な〜 お前等も2日間大変やったもんな〜」

俺「いやホンマ!マジでキツかったっすよ!」

会社「でもな・・・お前等よりキツイ奴おんねん!」

俺「はっ?」

会社「 J太おるやろ!」 ←我々と同じ黒帯級バイト

俺「はぁ〜 J太君がどうかしたんですか?」

会社「あいつ水戸におんねん!」

俺「水戸? 茨城県の?」

会社「そうや・・・さっき現場終わったらしいけどな!」

俺「へ〜」

会社「それがな・・・奴が水戸に持って行ってるツールなんやけど」
  「急遽明日必要になってもうてんな〜」

俺「ほな J太君、今から大阪に帰らされるんですか?」

会社「そうやねん!」

俺「うわ〜かわいそう〜!」

会社「ん?お前今何て言うた?」

俺「いや・・・かわいそうやな・・・って・・・」

会社「そやろ〜?」「かわいそうやろ〜?」

俺「だって現場終わりで今から大阪は」
 「いくら2人で運転交代するとは言え・・・」

会社「いや・・・あいつ1人やねん・・・」

俺「はっ?」

会社「今の時期はホンマに忙しくて人手が足りてへんやん?」
  「だから今回は奴1人で行ってもらってんねん!」

俺「鬼やな!」

会社「はっ?」

俺「いえいえ・・・」

会社「確か君達・・・2人やんな?」

俺「はぁ・・・」

会社「たぶん今って八王子に居るやんな?」

俺「一応・・・」

会社「 J太 今から独りで大阪に帰るんやって〜」

俺「はぁ・・・」

会社「どう思う?」

俺「危ないでしょ・・・」

会社「俺もそう思う!」
  「何か良いアイデア無い?」

俺「一緒に・・・帰りましょうか・・・?」

会社「おっ!それグッドアイデアやな!」

俺「わざとらし〜!」

会社「そうや!3人で2台の車を運転したら」
  「常に誰かが確実に寝る事が出来るもんな?」

俺「そ〜ですな!」

会社「ほな頼むわ!」

俺「でもホテルは・・・?」

会社「大丈夫!さっきチャンセルしといたし!」

俺「さっきね・・・」
 「決まってたのね・・・」

会社「よろしく〜!」



と言う訳で誘導尋問と言うよりも
強制的に大阪に帰される事になった我々は
J太君と待ち合わせて3人で出発する事にした!


この時点で夜中の1時ぐらいだっただろうか・・・


かれこれ仕事を始めてから57時間が過ぎようとしていた・・・


ただ起きてるだけでも過酷な時間なのに
筋肉痛になる程の肉体労働を(設営&撤去作業)
2日間で合計4回もやっているのだ


はっきり言って身体はフラフラである・・・


まずは3人で時間を決めて寝る順番を決める事にする・・・


当時3人の中で一番年下だった俺を
優しい先輩2人は先に寝かせてくれた


2時間の交代制だった・・・


俺は気を失った様に寝てしまい
アッと言う間に2時間が経ってしまった


そして次の順番がやってきた・・・


先程の流れで言うと次に寝る順番は
真ん中の年齢であるJ太君に

そして俺とT吉さんとで次の交代の時間まで
2時間走り続けたのであった

途中で前を走るT吉さんの車がフラフラと蛇行する度に
近づいてクラクションを鳴らし起こしてあげる

そんな危険な状態のまま
我々は車を走らせた・・・


そして・・・


T吉さんの睡魔の限界が訪れたと同時に
交代の2時間がやってきた・・・

ちゃんと話す事さえ出来ない状態にまで
疲れのピークが達しているT吉さんは・・・


俺の運転する・・・


トラックの助手席で・・・


死んだ様に・・・


眠った・・・


その寝顔は「これが人間の顔なのか?」
と思う程、恐ろしく酷い寝顔だった

そしてラジオが聞こえないぐらいの
大音量のイビキは2時間止む事は無かった


そして・・・


俺は・・・


物凄い物を・・・


見てしまったのだ・・・


運転しながら、ふと爆眠しているT吉さんを見てみたら
なんとその口から大量の泡が噴き出しているではないか!


ブクブクブクブク・・・

ブクブクブクブク・・・

ブクブクブクブク・・・


俺は生まれて初めて人間が泡を噴く瞬間を目撃し
正直恐ろしくなったのだが、どうして良いのかも分からないので
そのまま暫く放置してみる事にしてみた


だが泡は出続け、そのまま交代の時間になってしまった・・・


今度は起こすのが怖くなったのだが
起きた時に自分の口の周りが泡だらけだった方が
ビックリすると思い、俺は持っていたタオルで泡を拭き取った


そして勇気を出して起こしてみた・・・


声だけでは起きないぐらい爆眠しているので
思いっきり体を揺らして起こしてあげた

ようやく起きてきたT吉さんは
何も無かった様に平然としていた

その姿を見て「泡噴いてましたよ!」
なんてとても言えなかった

その後、我々3人は少しづつ睡眠を取りながら
交代してやっと大阪に辿り着くのであった


そして朝の8時、事務所に到着したのであった・・・


64時間拘束の仕事の内、睡眠時間は約5時間・・・


そんな我々を出迎えてくれた社員さんがこう言った・・・


「ご苦労さん!ご苦労さん!」

「ホンマに間に合って良かった〜!」

「ほなこれ持ってそのまま次の現場行く?」


その瞬間、我々3人は走って逃げたのでした・・・


帰りの電車・・・


T吉さんと2人・・・


俺はどうしても・・・


聞きたい事があった・・・


そして恐る恐るだが・・・


聞いてみた・・・










俺 「T吉さんて・・・何座?」







彼は静かにこう答えた・・・







T吉 「カニ座やけど・・・」









そんなバブル時代の
バブルな実話であった・・・



| Category:バイト時代の話 | 11:59 PM | comments (3) | trackback (0) |

新着コメント(最新5件を表示)

途中ちょっと焦りましたが、めっちゃわらいましたぁぁぁ〜〜〜〜(゚▽゚=)ノ彡☆ギャハハ!!

| まなーしゃ | EMAIL | URL | 2007/12/31 02:15 AM |

最後のオチは…実話ですか?笑
僕も大学時代の過酷なバイト思い出しました…そんなわけで良いお年を!!

| Tsuckey | EMAIL | URL | 2007/12/31 01:23 PM |

>まなーしゃ
笑ってくれて有り難う!
彼も泡をふいたかいがあったと思います!

>Tsuckey
自慢じゃないが俺はこのブログで
ウソをついた事は無いぞ!笑
信じて貰えないのが残念ですが・・・
正真正銘の実話です・・・泣

| Akira | EMAIL | URL | 2007/12/31 08:17 PM |

バイト時代の話 第15話 (バブル)

September 21 2007
長い間ずっと放置しっぱなしのバイト話です・・・

この先の展開が気になる人も多いらしく
実は色んな人からリクエストされているのですが
本当に人身事故の話は終わりです・・・笑


なので次の話へ進みたいと思います・・・


バイト時代の話 第15話!(約16年前の事を思い出して書いてます)


この物語は続きの話なので、よかったら1話から読んで下さいませ!
右にあるカテゴリーの中の「バイト時代の話」をクリックしてね!


もう読んでくれてる人も今一度振り返って見て下さい・・・





では本編へ・・・





「茶色帯」だった俺も気が付けば「黒帯」バイトに出世しており
現場の責任者として行く事も多くなっていた
(実際には帯なんか無かったんだけどね)


それにしてもバブル時代の話だけに
この会社も物凄く忙しかった


そんな超忙しい時の事だった・・・


その日の現場から帰ってきた俺は
社員の人に呼ばれ明日の現場の内容等を説明された


そこには何故か先輩バイトの「T吉さん」も居た・・・
(5話で熱気球から吊り下げられた人)


どうして不思議に思うかと言うと
「T吉」さんも俺と同じ「黒帯」バイトな訳で
普通は同じ現場には一緒に行かない事が多いのだ


ましてや超忙しい時期なので「黒帯」クラスは
各現場の責任者としてバラバラに行かされるのが普通


その2人が一緒の現場・・・?


中学時代からの先輩後輩でもあり、このバイトを紹介してくれた人でもある
「T吉」さんとは仲も良かったので、俺が「黄色帯」や「茶色帯」時代は
一緒の現場も多かったのだが、俺が「黒帯」になってからは久し振りだった


お互いバイト歴も長いので「この組み合わせには何か裏がある」と思い
今から社員が話す説明を慎重に聞く事にした



社員 「明日は夕方に会社来てくれたらいいわ」

T吉 「マジですか?」

俺  「ラッキー!」

社員 「たまにはゆっくりさせてやろうと思ってな!」

T吉 「ほんまですか?」

俺  「有り難うございます!」

社員 「ほんで倉庫行って、ここに書かれてる荷物積み込んで欲しいねん」

俺  「はい」

T吉 「これだったら倉庫行って積んで帰ってくるのに3時間ぐらいですよ?」

社員 「だから夜の7時か8時ぐらいには大阪を出て欲しいねん!」

俺  「大阪を?」

T吉 「出る?」

社員 「うん!」

俺  「いかにも遠くに行くみたいな言い方しないで下さいよ〜!笑」

T吉 「あきら・・・これは罠や・・・」

俺  「えっ! マジで?」

社員 「いやいや・・・たいした事ないよ! 八王子やし!笑」

俺  「はっ?」

T吉 「やっぱりか・・・」

社員 「だから道中の会話も弾むように仲良し2人組にしたんやないか!笑」





ではここから2人がどんな過酷な事をさせられたか
ゆっくり御覧下さいませ!





次の日の夕方、2人は2tトラックに乗り、倉庫に行って荷物を積み
言われた通りに7時ぐらいには大阪を出発するのであった


目的地は東京の八王子・・・


重たい荷物を積んだトラックは思うようにスピードも出ず
途中で食事したりしてたら現場に到着したのは午前4時頃だった


イベントが始まるのは午前9時!


数時間だけでも仮眠が取れると思ったら大間違い!


何故なら、今回我々が大阪から持ってきた
イベントで使用するツール(遊具)とは







この巨大迷路だったのだ!


何も無い運動場の様な野外のイベント会場に
この巨大迷路を組み立てるのには約3時間程が必要なのだ


いくら2人共が黒帯バイト(ベテラン)とは言い
途中で間違って組み立ててしまう事だってある
(出口に出れない迷路を作ったら大変だ!)


余裕を持ってイベントが始まる1時間前に
設営を完了させるとして逆算してみたら・・・


そろそろ設営を始める時間では無いか!


なので設営を開始する事にするが、2人共が久し振りに迷路を作るので
結構苦戦し結局設営が完了したのはイベント開始時間ギリギリ・・・


さすがにイベント中は休めるかとお思いでしょうが
ツール(迷路)の入場受付や迷った時の誘導等の
運営も全て我々がやるのだ!


そしてイベントは夜まで続くのであった・・・


今回のイベントは2日間開催されるので
ツール等はそのまま放置して2日目を迎えるのが普通


しかし・・・


ここ八王子は暴走族が多く、野外の会場に遊具等が放置されてたら
夜中に荒らされまくる確率が100%らしく・・・


一旦組み立てた迷路を全部解体するか・・・


朝まで現地で見張り続けるか・・・


なんと選ばせてくれるらしい・・・


どうせ見張っていても嗅覚の優れた暴走族達は大勢でやってきて
それを2人で阻止しても言う事を聞いてくれる気がしなかったので


解体する事に・・・


イベントが終了し、会場のお客さんが居なくなってから
数時間かけて今朝組み立てた迷路を解体する


いくらバラしたツールとは言え、現場に置いておいて
もし盗まれたら次の日作れなくなるので再びトラックに積む


全ての作業が終了し、近くで晩飯を食ってから
ホテルへ移動、シャワーを浴びて一息ついたら


夜中の2時だった・・・


そしてそこから2時間だけ眠らせて貰って
現場に向かうのであった


昨日と同じ作業を繰り返しているうちに
気が付けば2日目も無事に終わっていた


そして全ての作業が終了したのは夜の10時頃・・・


思い起こせば54時間前、我々2人は会社に集合してから今まで
たったの!たったの!2時間しか寝ていない事になる!


睡魔もピークに達している2人・・・


やっとゆっくり寝れる時がきた訳である・・・


だって会社で説明をされた時に確かに言われたから!


「2日目が終了したら、その日はホテルで泊まって!」
「次の日は大阪に帰ってくるだけだから」
「ゆっくりしていいよ!」


我々2人はこの瞬間だけを求めて
2日間頑張ってきたのだから!


トラックに乗り、二度と来る事の無い(来たくない)
イベント現場を後に、2人はホテルに向かうのであった・・・





その時だった・・・


俺のポケットベルが鳴った・・・






後編へ続く・・・

| Category:バイト時代の話 | 11:37 PM | comments (2) | trackback (0) |

新着コメント(最新5件を表示)

ごめん!今見た!

トラック事件じゃなかってんな(^^)

さて後編は?

| D | EMAIL | URL | 2007/10/30 07:12 PM |

>D様

その事件は最終回に書くつもりです・・・笑
後編急ぎます・・・

| Akira | EMAIL | URL | 2007/10/31 11:21 PM |

アルバイト! 第14話 (ご対面?)

January 14 2007
忘れた頃にやってくるバイト話です!


前回の続きが気になっている君!

そんな方々の為に夜中頑張って書いてみます!笑


バイト時代の話 第14話!(約16年前の事を思い出して書いてます)


この物語は続きの話しなので、よかったら1話から読んで下さいませ!
右にあるカテゴリーの中の「バイト時代の話」をクリックしてね!
(携帯で見てる方は、すんませんが必死に遡って下さい)

もう読んでくれてる人も今一度振り返って見て下さい・・・



では本編へ・・・



寝不足が原因で起きたオカマ事故から数日経って
なんと人身事故にグレードアップされた俺は

何故か D様と N様と3人で南大阪まで
楽しい楽しいドライブをする事となった

前日は D様宅に監禁・・・いやいや宿泊させて頂き
ぐっすり眠れる訳も無く、早朝に出発したのであった


途中で N様と合流し目指すは待ち合わせ場所!


被害者である相手は車で2時間以上は
余裕でかかるぐらいの場所に住んでいるらしく

その家の近くにある飲食店の駐車場を
待ち合わせ場所に指定してきたらしい


道中での車内・・・


今から交通事故の件で被害者と話し合いをしに行く途中なのに
車内では関係の無い話で盛り上がり、超楽しそうな2人・・・

かと思えば今回の事故の話に戻ったりすると
さっきまでの和やかな雰囲気は急変し
キレ始め・・・怒り狂う始末・・・


その度に・・・


「すんません・・・」


と言ってしまう俺に・・・


「お前が謝る必要は無いやろ!」
「お前は被害者やねんから!」


と2人して・・・


慰めてくれるのだが・・・





いつの間に俺が被害者になったのか・・・?





等の疑問をぶつける様な勇気は俺には無かった・・・





そんな状態のまま車は南へと進んでいくと
途中で大渋滞に見舞われてしまったのだ

その渋滞が思いのほか大渋滞で
全然進まない様子なのだ

このままでは待ち合わせ時間に遅れてしまう
可能性も出てきたので加害者(本当は被害者)に
電話する事にした


今の様に携帯電話など無かった時代なので
公衆電話から自宅に電話するしか無かったのだが


電話しても誰も出ない・・・


とりあえず留守番電話に少し遅れる事を
録音しておいて渋滞が終わるのを待った


予想以上に長かった渋滞を抜け
急いで待ち合わせ場所に向かった


ここからどう急いでも待ち合わせ時間より
30分ぐらいは遅れてしまいそうだ・・・


もう一度加害者(本当は被害者)宅に電話する


しかし誰も出ない・・・


到着予定時刻を留守電に入れて
我々は急いだ・・・


予定通り 30分程の遅れで
待ち合わせ場所に到着した


指定された場所に車を停めて
周りを見渡したのだが・・・


誰も居ない・・・


到着した事を告げるべく電話をするが
やはり電話も出ない・・・



仕方が無いので・・・


少し待ってみる・・・


しかし誰も来ない・・・




そろそろ2人の様子が・・・




すると・・・




「あきら!あのボケの電話番号教えろ!」




ブチ切れて おられる ご様子である・・・


電話番号が書かれた紙を握りしめ
公衆電話にまっしぐらだ・・・




「おえ!ゴルァ!」

「おのれ舐めとったら・・・・」

「ピーーーー」

「ピーーーーーーー」

「ピー ピーー ピーーーー」



(以下不適切な言葉が含まれておりますので省略させて頂きます)



おそらく留守電のテープが切れるまで
録音されたであろう長電話(独り言)が終わると



「あきら!周囲を探せ!」

「あのボケ!絶対何処かから見てるはずや!」



と刑事の様な事を言い出されました・・・



暫く周囲を探しては見たものの
やっぱり誰も見つからず



仕方無く帰る事になった・・・



勿論次の日から何度も電話されたみたいだが
その後、彼とは一度もコンタクトがとれる事は無かったらしい





その後の俺はと言うと・・・





数日後、警察から聴聞会への出席案内が来たので
事情を説明する為にその聴聞会とやらに出席した


何やら聴聞会とは、その事故の件に関して何らかの事情があった場合や
加害者側に言い分があったりする場合等の為に聞いてくれるシステムらしい


俺の他にも数名の人が呼び出されていたみたいで
暫く待っていると俺の順番がやってきた


裁判官の様な人(担当者)の前に座ると
今回の事故の調書が読み上げられた


俺は事前に色んな人から情報を入手していたので
担当者がこの後に言う 「何か言い分等はありますか?」
の問いに対する答えをいくつも考えていたのだが



なんと調書を読み終わった担当者が言った言葉が



「災難やったね〜」

「人身にされたんや?」

「ほんま・・・こうゆう奴おんねん・・・」

「もういいよ!事情は分かってるから!大丈夫!」




とだけ言われ終わったのだった・・・




結局・・・




最終的に・・・




60日の免停が0日になった・・・






こうして俺の被害者の様で加害者な事件は
幕を閉じたのであった・・・



| Category:バイト時代の話 | 03:52 AM | comments (4) | trackback (0) |

新着コメント(最新5件を表示)

やっとこの話が来ましたね…待ってました!!しかも期待を裏切らない展開…さすが兄ちゃんです!(笑)

僕も交通関係ではよくヤカラになりましたです。逆に恐い人がたくさんいると言う噂の『事務所』に連れて行かれそうになった事もありますし…(T_T)

いずれ、僕も兄ちゃんに倣って"昔話"をブログに書いてみま〜す!!

| Tsuckey | EMAIL | URL | 2007/01/14 02:03 PM |

ぜひ相手を見つけて頂きたかった(笑)
そうなったら、もうガチンコ!並のナレーション入ってもおかしくないッスね

「この先、どーーーーなってしまうのかぁ!!」・・・・・ここでCM

| Gaku | EMAIL | URL | 2007/01/14 03:38 PM |

>Tsuckey
連載物は納期に追われるよ〜ん!笑
でも読んでみたいので是非!

>Gaku
見つからなくて良かったと思う・・・笑
もし見つかってたら・・・
書けなかったかもやし・・・笑

| Akira | EMAIL | URL | 2007/01/15 09:51 PM |

待ってました バイト話!
毎回おもしろいですなぁ 続きがたのしみです!

「ピーーー」の部分 気になるなぁ…

| でかあたま | EMAIL | URL | 2007/01/16 02:39 AM |

Calender

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
<<前月  2019年05月  次月>>

Profile


Akira Kobayashi
Birth 1971.2
Blood type O

QR Code


携帯からも読めます

Week PV Ranking

New Entries

Recent Comments

Recent Trackback

Category

Archives

Search


RSS&ATOM Feeds

  • RSS
  • ATOM
  • ATOM10

Canopus Endoser

メールはこちらから

ドラムスクール開講中!

Canopus Drum

△ このページの最上段へ