小林亮オフィシャルサイト

アキラのタイコ放浪記Ver.2

帰国!

April 21 2006
今年の1月から行っていた北新地の店への出演が
今日で最後となった

外国人ミュージシャン達の手配が出来るまでの
ヘルプで出演していたのだが、結局ドラムだけが
見付からず、俺だけ1ヶ月延長したのだが・・・

ようやく時期ドラマーが決定したので(もちろん外国人)
交代となったのだ!

1月から今日まで一緒にプレイしたミュージシャン達を
思い出しながら最終日の演奏を終えた

俺は月に平均10〜15日ぐらいは出演していたのだが
その4ヶ月間ずっと一緒にプレイしてきた


ボーカルのジェフリー(バンマス)


ミュージシャンとしてのレベルは勿論の事
人間的にも最高の人物だった

色々問題も多かった仕事で、仕事的には厳しい場面もあったのだが
彼が居たから協力できた所も大きい
日本人並みに気を使う人物で、気配り、感謝の気持ちを大切にし
仕事には厳しく、そして何より音楽を心から愛している
そんな彼の為なら・・・って思いから今日までヘルプとして
やってこれたと言うのは過言では無い

これからも信頼出来るミュージシャンとして何かの形で協力し合いたいと
思える素晴らしいボーカリストだった


ギターのジョバンニ


彼も4ヶ月間ずっと一緒にプレイしてきたギターリスト
年齢は25歳で、唯一の白人!

音楽的レベルは発展途上だが、あの前向きな姿勢と
可愛らしいルックスで、今後は活躍する事間違いないだろう
本当に人懐っこい奴で弟みたいだった

彼の「Akira Okotteru?」の口癖は忘れる事は出来ないだろう!(笑)


サックスのリース


1月の後半から3月末まで週に2回出演していたサックスプレーヤー
ブレッカーや、コルトレーン等のジャズやフュージョン系のスタイルの
プレーヤーと一緒になる事が多かった最近、彼の様なスタイルの
サックスは久し振りだった。

グローバーワシントンJr、ケニーG系のサックスで、ずばり癒し系!
何が好きって、俺は彼の音色が最高に好きだった

ジャマイカ人と言うだけあって、彼が歌うレゲエは
本場の臭いがプンプン!
それを聞けただけで有り難い体験が出来た


ボーカルのジェームス


1月の末から3月上旬まで週に3回程出演してたボーカリスト

関西のラジオ局で出入りした事の無い局は無いと言う程
DJとしても有名な彼のボイスは「甘〜い!」
小沢さん(スピードワゴン)より甘いボイスで歌う
彼のバラードが好きだった

それに超男前!でも時に超心配症・・・(笑)
又何かの形で仕事したいものだ!


ベースのカズモ


4月から共演したベーシスト!

少ない時間だったが一緒にプレイ出来て、とても楽しかった!
俺のドラムを凄い気に入ってくれて、いつもグルーブの話をしていた

彼ほど楽しそうにベースを弾く奴は珍しい!
ザッツ黒人!って感じのファンキーベーシスト!

人間的にも素晴らしい奴だった!


キーボードのクリス


彼も4月から一緒だったんだが諸事情の為
2週間ぐらいで辞めてしまった
プレイはともかく本当に楽しい奴だった(笑)
とにかく喋る!ずっと喋る!
世界各国の人種のモノマネをするのだが
俺はそれが大好きだった!メチャ面白いのだ!
ちなみに彼はブス&デブ専だと自分で言っていた!(笑)


その他にもジェフリーのトラで1週間だけ共演した
マイケルや、俺の後のドラマーのドーリーや
コーラスグループの DJE や1日だけ来た
女性黒人ボーカル(名前忘れた)等・・・


総勢12名の外国人ミュージシャンと共演した
今回の仕事だったが、色んな意味で
とても楽しい経験が出来たと思う!


ほんの一部ですが
















やっぱり音楽は素晴らしい!



国が違っても、言葉が違っても
人種が違っても、宗教が違っても
肌の色が違っても


一緒に仕事が出来る

一緒に演奏が出来る

一緒に頑張れる

一緒に楽しむ事が出来る

一緒にハッピーになれる!


そんな事を考えながら最後のステージを終えたのだった

メンバー1人1人と握手をして、抱き合って
俺の最終日は終了した



「又一緒にプレイ出来る事を望んでるよ!」



皆が言ってくれた この言葉を忘れず
俺は多国籍軍を離れ、元の日常に戻るのであった・・・



Good Luck!

| Category:音楽の話 | 06:40 AM | comments (5) | trackback (0) |

コメント

お疲れさん!
なんか目ぇたれてるなぁ〜
アマリカオハダサナイホウガイイカモヨ!
トップがあまりにも出来すぎてるから
ね!
ね!
ほんじゃまた。

| D | EMAIL | URL | 2006/04/21 06:25 PM |

「Akira Okotteru?」にメッサワロタw
アニキの威圧感は世界でも通じるのか!

エンディングを迎えた瞬間に
「Hey!ジョバンニ〜!」と言えば
彼は震え上がって「Sorry!Sorry!Akira Okotteru?」と言うのだろう。
そこでアニキは「What time is it,Now?」と言うのだろう。
ジョバンニさんは
「オーマイガー!Akiraワタシビビッタアルヨー(←なんか混ざってきたw)」
とホッとした笑顔を見せるのだろう・・・・・・

これからもよろしくお願いいたしますm(_ _"m)

| Gaku | EMAIL | URL | 2006/04/22 02:36 AM |

>D様

先日のアホ顔に比べたら・・・
これが今の現状なんで構わないです(笑)
又かっこよい写真撮れたらいいんですが・・・

>Gaku

ミストーンした瞬間に俺の顔を見る所なんて
誰かさんにソックリかも・・・(笑)
でも可愛い奴だよ!本当に!

| Akira | EMAIL | URL | 2006/04/22 05:17 AM |

そっかぁ〜良い思い出を作られましたね^^
うらやましいな。

オレなんかミストーン出した瞬間は誰とも眼を合わせません(爆)
だから可愛がられないのか〜?

| フッコン | EMAIL | URL | 2006/04/26 11:33 PM |

>フッコン

心配無く・・・
今度一緒に演奏する時は
ちゃんと見てあげるから・・・(笑)
思いきってミストーン出しなさい!

って言うてもフッコンあまりミスせーへんやん・・・

| Akira | EMAIL | URL | 2006/04/28 05:03 AM |

コメントする










この記事のトラックバックURL

トラックバック

Calender

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30    
<<前月  2020年09月  次月>>

Profile


Akira Kobayashi
Birth 1971.2
Blood type O

QR Code


携帯からも読めます

Week PV Ranking

New Entries

Recent Comments

Recent Trackback

Category

Archives

Search


RSS&ATOM Feeds

  • RSS
  • ATOM
  • ATOM10

Canopus Endoser

メールはこちらから

ドラムスクール開講中!

Canopus Drum

△ このページの最上段へ