小林亮オフィシャルサイト

アキラのタイコ放浪記Ver.2

デビュー!

March 9 2006
昨日、俺が面倒をみている若僧がプロとしてのステージに立った


これで3人目だ!


1人目の奴は、その現場に俺は居なかったので見守る事は出来なかったが
2人目の奴は、以前にこの日記でも紹介したので皆さんも知っているだろう
知らない人はコチラを → 11月25日の日記


そして3人目となる今回なのだが・・・


今までとは少し内容が異なるのだ!


1人目は、あるバンド(仕事専用のユニット)のリーダーから
「誰か若いドラマー紹介して欲しいねん!」
と相談され、その時俺のローディーしてた子を紹介した

2人目は、御存知、現在も俺のローディーしてる子だが
俺と一緒にステージに乗ると言う内容だった

しかし今回は・・・




俺の代わり!




いわゆる・・・




俺のトラ!




なのである!

「トラ」の詳しい意味は 
コチラ → 10月22日 の日記をご覧下さい

ある店での演奏の仕事なのだが、俺が行けない日に
代わりに入って貰う人が必要になり

店側と相談した結果、若いドラマーを起用する事になった

どうせならと言う事で、俺の門下生にそのチャンスを与える事にしたのだが



そら〜大変だった・・・



こんな事なら、俺と同年代、もしくは先輩のドラマーに
頼んだ方が、よっぽど楽だったかもしれない・・・(泣)

この話が決まったのは今から2週間ぐらい前・・・

その日の内に資料を渡して・・・

その日から昨日まで計7回、俺と一緒に現場に付いて来て・・・

最初は楽譜見ながら見学して・・・

昨日までに3回もスタジオで特別スペシャルレッスンをして・・・

1週間前からは、他のメンバーに「迷惑かけますが、すんません!」と
謝り倒して、1日数回あるステージの内、1回を叩かせ・・・(汗)

2日前からは、何で俺がこんなに緊張させられないといけないのだ?
と思いながら・・・2回のステージを叩かせた・・・(汁)



もちろん間違えたり、テンポが違ったり・・・




色んな事件が起きていた!



その度に、ステージ横で見ていた俺の・・・




胃の粘膜は剥がれていった・・・(泣)




心臓が口から見えかけている彼はステージから帰ってくると
俺のダメ出しを食らう・・・(笑)

「そら〜緊張するよな〜!よしよし!」

「でもお前なりに良く頑張ったもんな〜!」

等の優しい言葉なんて・・・



言う訳が無い!



本当は言ってあげたい・・・

でも彼の為には言ってはいけない・・・



彼が目指している世界は、そんなに甘い世界では無い!

少なくとも、俺が育った環境は物凄く厳しかったから・・・



でも厳しいダメ出しされている彼に、励ましの言葉や
優しく慰めの言葉をかけてくれる他のメンバーさん!


本当なら・・・


「小林君、あんなん連れて来られたら困るわ〜!」

「正直、迷惑や! ホンマ!」


って言われてもおかしくない!

それが・・・

笑顔で・・・


「俺が初舞台立った時を思い出すわ〜!」

「慣れてきたら大丈夫やって!」

「分からなくなったら俺見ときや!引っ張ったるさかいに!」


等・・・



本当に心の広い、優しい方々ばかりで良かった・・・(涙)



そして昨日が、本当の初舞台となった!


今までみたいに俺がステージ横に居て、いつでも代われる状態では無く
本当に1人で全ステージをやらなければばらなかったのだ!


俺は他の仕事が入っており、あるスタジオに居た!


仕事中も心配になり、そろそろ1回目のステージが始まる頃かな・・・?と
電話をしてみる・・・


出ない・・・


演奏中なのだ!


暫くすると、1回目のステージが終ったらしく
本人からメールが来る・・・

どうやら順調に進んでいる様だ!

そうこうしていると、他のメンバーからメールが来る・・・

「彼は全然問題無くやってるよ!だから心配しなくてもいいよ!」

って内容だった!



嬉しかった・・・



俺は少し安心して、自分の仕事に戻った
そして仕事が終わった俺は・・・



今日は行かないつもりだったが・・・



店に向かっていた・・・



店に着いたら、ちょうどステージ中だった・・・

まさか来るとは思っていなかったメンバーがビックリしている・・・

そして誰よりも・・・

本人が一番ビックリしている・・・



ステージが終り、皆が俺の所に来て



「心配して見に来なくても、全然大丈夫やって!」

「今日は完璧やで!」

「な?」 と本人に問う

「いえそんな!皆さんに助けてもらったので!」 と本人

「今日はウルサイ奴がステージ横で見てないから」

「伸び伸び出来ますわ〜言うてたやん!」 と本人に言う

「勘弁して下さい!」 と本人



こんな風に冗談言って貰えるって事は・・・


何とかギリギリセーフだったんだろう!(笑)




一気に胃の出血が止まった気がした・・・




そして次のステージ!



なんと客から予期せぬリクエストがきた

しかし彼はその曲を知らない・・・

急遽・・・

仕方無く・・・

俺が1曲だけ叩く・・・




見に来てて良かった・・・(汗)




もちろん残りは全部彼が叩いたが・・・






そんなこんなで、彼のプロとしての初舞台は終わった!


本当にお疲れさんだったと思う!


そして暖かくフォローして頂いたメンバーさん!


本当にありがとうございました!


それから・・・

すみませんが・・・

残り何回か宜しくお願いします!


と言うのも・・・


今月 後6回 僕の代わりに彼が来ます!(笑)


今・・・


「マジで?」


って聞こえた気がする・・・(笑)



次回は来週の火曜日です!

彼には帰り際に言っておきました!


「来週の火曜日は本当に1人やからな!」

「今日みたいに仕事終わってから見に来たりしないから!」


って・・・


そんなん言いながら来てくれはるんでしょ?


と思われたら危険なので・・・


トドメ 刺しておきました!






「俺その日、名古屋に居るから!」



って・・・(笑)

| Category:音楽の話 | 10:05 AM | comments (4) | trackback (0) |

コメント

久しぶりにええ話読ませてもらいました!師匠の揺れる心、分かりますよ。
こうやってロープのムードラが増えていくんやね、しかしリクエスト曲とか昔から変わってきているんですかねぇ。

| トミナガ | EMAIL | URL | 2006/03/09 01:39 PM |

ウッウッウッ・・・・・
涙で・・・涙でモニターが見えません!
(;´д⊂)

お弟子さんの成長を見るのって楽しいんでしょうね〜

| フッコン | EMAIL | URL | 2006/03/09 02:28 PM |

後輩をそだてるのも大変ですね。
がんばってください。ってゆうよりもう大丈夫でしょ!後は場慣れで彼が楽しめたら完璧です♬

| あき | EMAIL | URL | 2006/03/09 06:36 PM |

>トミちゃん

分かってくれるかい〜(涙)
ありがとう!ありがとう!
その店は黒人ボーカルで R&B 主体だから
一般の夜の店とは、ちょっと違う分
リクエストも違う感じやわ〜!

P.S. この日記 ええ話少なくてゴメンな!(笑)

>フッコン

君も多くの弟子いるやろ〜?
すぐに来るさ〜こんな時が・・・
しかしモニター見えないわりには・・・
ちゃんと理解してるな〜

>あきちゃん

良い事言うね〜!さすが!
楽しむ事が一番なんだよ!音楽は!
でも責任ある状況で楽しめるようになるのに
時間かかるんだな〜これが!
暖かく見守ってやって下さいませ!(笑)

| Akira | EMAIL | URL | 2006/03/11 07:38 AM |

コメントする










この記事のトラックバックURL

トラックバック

Calender

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
<<前月  2019年12月  次月>>

Profile


Akira Kobayashi
Birth 1971.2
Blood type O

QR Code


携帯からも読めます

Week PV Ranking

New Entries

Recent Comments

Recent Trackback

Category

Archives

Search


RSS&ATOM Feeds

  • RSS
  • ATOM
  • ATOM10

Canopus Endoser

メールはこちらから

ドラムスクール開講中!

Canopus Drum

△ このページの最上段へ