小林亮オフィシャルサイト

アキラのタイコ放浪記Ver.2

アルバイト! 第9話 (その他大勢)

March 8 2006
お待たせしました!
卒業生に大人気のバイト話です!


バイト時代の話 第9話!(約16年前の事を思い出して書いてます)


この物語は続きの話しなので、よかったら1話から読んで下さいませ!
右にあるカテゴリーの中の「バイト時代の話」をクリックしてね!
(携帯で見てる方は、すんませんが必死に遡って下さい)

もう読んでくれてる人も今一度振り返って見て下さい・・・



では本編へ・・・



前回まで 社長 専務 と紹介をしてきたが
このまま社員全員を紹介していくと、とんでもない日数に
なってしまうので、残りのメンバーを簡単に紹介しよう!


専務が居れば常務も居た!


常務は本町辺りに分室(支社みたいなもの)を構え、そこで業務を行っていた

本社の業務とは少し異なり、SP 関係や室内でのイベント
早く言えば華やかな業務が多かった

だから我々バイト君達は、分室の現場に行くのが好きだった

だって・・・

タレントさんと仕事出来たり、コンパニオンさんの面倒をみる仕事とかが多かったから!



しか〜し!



残念ながら・・・

俺は・・・

めったに・・・

呼ばれなかった・・・



それは・・・



本社で頑張って仕事し過ぎた為、本社側が差し出してくれなかったのだ!



俺より・・・

後に入った・・・

後輩のバイト君が・・・

コンパニオンと・・・

一緒に仕事してる時に・・・

俺は・・・

いつもの様に・・・



超肉体労働をしていたって訳なのだ!



そして、その・・・

後輩君が・・・

コンパニオンを・・・

頂いてしまった・・・

話を・・・

指をくわえて・・・

いつも・・・

聞いていたのだ・・・(泣)




その分室には、常務の下に 「 N さん 」と言う
これまた カタギ には見えない方が居た


この「 N さん 」 が


人並み外れた エロリスト だった


さすがの俺でも、この日記には書けない話ばかりなので

勘弁願いたい・・・(謝)

その 「 N さん 」の現場だから
バイト君も気持ち良い思いが出来る訳なのだが・・・

このお方も・・・

半端やない恐い人だった・・・

見た目は・・・

パンチ様に・・・

負けないぐらいの・・・



ヤ○ザ顔!



本社の 「 D さん 」 ← パンチ様の事

分室の 「 N さん 」



それぞれに用心棒を配置してあったって訳だ!

これまた二人が仲良しだから困る!


この二人の話は後日する事にしよう!


そして 「 N さん 」の下に 「 S さん 」と言う
俺が去年の10月に10年ぶりぐらいに電話で喋った人が居たのだ!



さて、本社に戻ろう・・・



ここには何故か変わった人が多く居た!


「 O さん 」と言う 仕事に来ない引きこもりの人や

「 SW さん 」と言う 嘉門達○ そっくりの人や

「 OG さん 」と言う 嫁さん(N)の尻に敷かれっぱなしの人や

「 N さん 」と言う 旦那に(OG)発言権を持たせない経理の人や

「 M さん 」と言う 嘘ばっかりつく 老人や


他にも何人か入れ替わったりしたので覚えていないが
入ってくる人も、辞めて行く人も、まぁ〜みんな・・・



変だった!



あっ!


こんな人も居ました!


「 OK さん 」と言う 超老人!


社長なんかより すっごい年上で超頑固なお爺さん!


バイト君が数分遅れて来ると・・・

「これが戦場なら、お前は敵に殺されとる!」

から始まり・・・

食事時には必ず・・・

「戦時中はこんな物食べれんかったんや!」

と苦労話を永遠に・・・

人には遅れたら殺されてると言うわりには・・・

高速道路でのサービスエリアは数分置きに

「停めてくれ〜!」

と言う!(年寄りの為トイレが近いから)

そして、それが原因で現場に遅れても・・・


「これが戦場やったら全員殺されとる!」




それから・・・



こんな人も居たな〜



「 H さん 」



この人の・・・

この会社に来る前の経歴・・・


自衛隊

 ↓

教習所教官

 ↓

この会社



何故か色んな噂を持つ人だった

超人と呼ばれていた「 H さん 」の伝説




トラックを停車させ、サイドブレーキを引いたら・・・

サイドブレーキのワイヤーが切れた! ← 実話



自衛隊員(全国20数万人)の体力測定で・・・

全国 1位 に輝いた! ← 実話



教習所の車(生徒が運転)が脱輪した時に・・・

素手で(1人で)持ち上げて元のコースへ戻した! ← 実話



俺がバイトを辞める頃・・・

これらの話をバイト君達が・・・

年々語り継いでいくうちに・・・

何故か・・・




「あの人 1人で 戦車 持ち上げれるらしいぞ!」




と変化してた・・・

俺は・・・

あえて・・・

否定はしなかったが・・・




まだ他にも居たかもしれないが・・・

これぐらいで勘弁してもらおう・・・



では・・・

次回・・・


先程 登場された「 N さん 」と・・・

パンチ様!( D 様)の話でもしようかな!

| Category:バイト時代の話 | 10:58 AM | comments (0) | trackback (0) |

コメント

コメントする










この記事のトラックバックURL

トラックバック

Calender

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30    
<<前月  2020年09月  次月>>

Profile


Akira Kobayashi
Birth 1971.2
Blood type O

QR Code


携帯からも読めます

Week PV Ranking

New Entries

Recent Comments

Recent Trackback

Category

Archives

Search


RSS&ATOM Feeds

  • RSS
  • ATOM
  • ATOM10

Canopus Endoser

メールはこちらから

ドラムスクール開講中!

Canopus Drum

△ このページの最上段へ