小林亮オフィシャルサイト

アキラのタイコ放浪記Ver.2

バカ息子!

February 1 2006
皆さん!

先日の「中村屋!」見て頂きましたでしょうか?
お蔭様で色んな所で大反響!

何十人もの人に「中村屋!見ましたよ!最高でした!」
と意見を頂きました!

もしも・・・

まだの方がおられるのでしたら・・・


是非!


ご覧下さいませ!
1月14日の日記にリンク貼ってます!


先日のビックバンドのライブの時は
アンケート用紙のコメントに・・・


「今日は素晴らしい演奏を聞かせて頂きました! 中村屋〜!」


と・・・


意味不明なコメントを書いてくれてた人が・・・

なんと3人も・・・

自分でも驚きました!


でも俺が作った訳では無く・・・
見つけたのも俺では無いし・・・


なんか人のフンドシで・・・
みたいな・・・
感じでした・・・



そんな今日・・・



又、同じ友人のサイトに・・・

別のフラッシュが紹介されていた!



もう・・・人の物を載せるのは・・・
と思ってた俺だが・・・



申し訳ないが・・・
今回も紹介させて欲しい・・・



言っておくが・・・

「中村屋!」とは・・・

正反対の作品である事を了承願いたい・・・

それから文字が消えるのが早いので
何回も見て、1文字も逃がさないで読んで欲しい




まず最初に・・・


どうして、これを紹介したかったかと言うと・・・



実は今年の正月、教え子の(専門学校の卒業生の)
お母さんが亡くなったのだ

病気が発見された時から俺は連絡を貰っていたので
その経過も少しは聞いていたが

あまりにも急な事だったので驚いた

彼女は学校を卒業してからも音楽活動を続ける為に
大阪で独り暮らしをし、本当に関心するぐらい頑張っていた

だが母の病気を知り、全てを投げうって実家に帰り
それからと言うもの、家族の世話と母の看病に専念したのだった


そんな彼女から訃報を聞いた俺は・・・


正直・・・

かける言葉が見付からなかった・・・

何も言ってあげれなかった・・・


俺なんかが言える言葉など何処にも
見付からない・・・

だって彼女は俺には想像も出来ない
思いを今してるのだから・・・



あれから2週間程経った先日・・・



彼女からメールが入った

「先生!今日用事があって、久し振りに大阪に行きます!
 もし学校に来られてるのでしたら、会いに行きたいのですが?」

と言う内容だった


運悪く、その日は授業が無い日で、しかも俺は午前中から
他の仕事で現場に出てしまっていた


今なら・・・

何か話できたかもしれない・・・

何か聞いてあげれたかもしれない・・・

何か言ってあげれたかもしれない・・・

もしかして・・・

そんな必要さえ無かったのかもしれない・・・

そんな事、今更わからないが・・・



ずっと心残りだった・・・





俺は幸せな事に両親が健在で居てくれている

今日の昼休み

偶然・・・

俺の実家の母の話になった

今年で還暦を迎える母親!

そして40年以上通った会社を

今年で定年退職する母親!

感謝の気持ちを込めて・・・

何かお祝いでもしなければ・・・

って話をしてたのだ



本当に小さい頃から心配ばかりかけてきた(今でもだが・・)

最悪な子供で、最強の親不幸者の俺が

考えさせられた・・・



そして・・・

その時・・・

教え子の事を思い出した・・・



母を亡くした彼女は今・・・

どんな気持ちなんだろう・・・



そんな事を考えてた今日・・・

仕事から帰り・・・

友人のブログで紹介されてた・・・

↓これを見た・・・


http://www.geocities.jp/ejisonlove/arigatou.html


なんとも言いようの無い・・・

気持ちになって・・・



涙が止まらなかった・・・



彼女もこんな気持ちなのかな・・・
彼女の母親もこんな気持ちだったんだよ!
って言いたくて・・・
紹介させてもらいました



そして俺は・・・



こんなバカ息子は・・・
用事も無いのに・・・
明日 母に電話でもしようと思っている・・・

| Category:まじめな話 | 05:20 AM | comments (5) | trackback (0) |

コメント

お母様には、お礼もお詫びもするべきでしょう。
「高校の卒業式に行っても当の息子の姿が見当たらず、実は服装違反で列席禁止の職員室待機」なんてな不孝は詫びつくせないと思います。
このドラムスコ。

| たま吉 | EMAIL | URL | 2006/02/01 08:36 AM |

私にも手のかかる両親がいる。
呆れた話だが、私が嫁に行ったのが間違いだと言っていた時期があったっけ。私は、こんなにも幸せなのに。
それで、私は声を失くしてしばらく辛い時期を過ごしたけど...。
両親のわがままは今現在も続いているのだが、私は幸せなので今は頑張れるようになりました。
両親のわがままが、私の現在の幸せを再確認させてくれている!と気づいたのはやっぱりわがままな両親のおかげ。
皮肉だけど感謝してる。

| 風来坊 | EMAIL | URL | 2006/02/01 08:38 AM |

>たま吉さん

適切なアドバイスと、最高のダジャレ
ありがとうございます!
しかし卒業式の話は・・・
卒業式シーズンに書こうと思っていました・・・
先に書くのは反則かと・・・

>風来坊さん

そんな事もあるのですね・・・?
人それぞれ皆、色々あるんですね!
死ぬ時に「幸せだった!」と・・・
思える人生を歩みたいものです・・・

| Akira | EMAIL | URL | 2006/02/03 05:31 AM |

ちひろのママはうるさいです。でも、最近、少し年をとったなぁ〜と思う様になりました。自分はじゃじゃ馬で、どうしようもないのですが、もう少し、親孝行できるまでに時間が必要です。自分の事ばっか言ってる私は・・・あかんな・・・
駄目だ。なんか泣けてきた・・・

明日、おかあさんに、少しだけ、やさしくします。
ありがとう。

| ちひろ | EMAIL | URL | 2006/02/04 05:32 AM |

>ちひろ

何処のオカンもウルサイんですよ!
それがオカン!
でもその「少しだけ」ってのは
正直で何か良かった・・・

| Akira | EMAIL | URL | 2006/02/06 08:38 AM |

コメントする










この記事のトラックバックURL

トラックバック

Calender

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30    
<<前月  2020年09月  次月>>

Profile


Akira Kobayashi
Birth 1971.2
Blood type O

QR Code


携帯からも読めます

Week PV Ranking

New Entries

Recent Comments

Recent Trackback

Category

Archives

Search


RSS&ATOM Feeds

  • RSS
  • ATOM
  • ATOM10

Canopus Endoser

メールはこちらから

ドラムスクール開講中!

Canopus Drum

△ このページの最上段へ