小林亮オフィシャルサイト

アキラのタイコ放浪記Ver.2

初共演!

June 30 2006
今日はベロニカと言う所でライブだった!

このユニットでの参加は今回で2回目となるのだが
回を重ねるにつれクオリティーも上がり
何より楽しさが増していくのが凄い!

素晴らしいミュージシャンが揃っているのだから
当たり前だと言えば、当たり前なのかもしれないが(笑)


今後が楽しみなユニットである!


中でもボーカルの下垣氏の歌は絶品である!


彼とは12〜3年前に仕事で初共演したのが最初の出会いで
その後も専門学校で同僚だった時期もあり、結構仲良くして貰っているが

今回の様なライブ(彼が歌いたい曲のみを演る)での
共演は前回が初めてだったのだ!

レオンラッセル ダニーハザウェイ を彷彿させる歌いっぷりは
素晴らしいの一言である!




皆さんも是非一度聞いて貰いたい歌である!






話は変わるが・・・

先日の日記で紹介したピッコロスネア・・・

その後の情報がまだだった・・・

最近、超忙しくて日記も書けない状態だったので
そのままになっているが・・・

実は・・・

使っている・・・

ってか・・・

今日も使った・・・

25日の浪切ホールでのコンサートで・・・

初めて使った・・・

26日のビックキャットでのライブが・・・

2回目の出動だった・・・

そして今日で・・・

3回目となる・・・

結構使っているなって・・・?

だって・・・





デラモッサエエンヤモン!!!(大自慢)





本当は今日のライブでは以前使ってたスネアを
使用する予定だったのだが

ベースの喜多さんが、今回のライブの選曲(サウンド)に
ピッタリのベースを最近購入されたみたいで

「今回はその新入り君を使用する」 ってのを聞いて

俺もサウンド面の事を重視して・・・
(ただ対抗心が燃え上がっただけ)

「ほなら俺も」となったのだ!(笑)

本来はスネアとシンバルだけを持って行って
ドラムセットは店のを使おうと思ってたのだが

今回のライブでの選曲が
結構クラブ系のサウンドが多く
アシッドジャズ系の曲も数曲あった

この様な選曲には、スモールインチでハイピッチのドラムがマッチしてヒットすると
ベリーなグッドになり、トータルのサウンドもゴージャスになるのだ!
(なんか長嶋さんみたいになってるが・・・)
だから俺の今回のチョイスは・・・

タムは10インチで
フロアでは無く14インチの
バスタム使用
それからバスドラは18インチ

そしてスネアはハイピッチ対応の
ピッコロ君が出動したのである!



いや〜最高だった!



何がって、ベースとの相性が最高だった!



喜多さんも御満悦の様子だった!









俺はベースの事は詳しくないが
この新入り君は結構凄いベースらしい!


アンペグ・スクロール・ベース 


と言う名前らしく、1966〜68年ぐらいに750本しか作られてないのだ!
だから当たり前だが、世界に750本しか存在しない事になる!

アンペグと言えば、ベビーベースが有名だが
そちらも所有されているみたいで
この兄弟とも言える2台を並べて眺めては

ニヤニヤするのが最近のお気に入りらしい(笑)









この新入り君、ウッドベースの弦が張ってあり
ヘッドだけ見たらウッドベースみたいだった










そしてボディーは、くり貫かれている









まさにウッドベースとエレキベースの中間って感じのベースだった

もちろん音も最高だったが、このルックスも魅力的だった



本番も終り、ドラムとベースのサウンドが物凄くマッチしてたのと
今回の楽曲にピッタリのサウンドだった事が超嬉しくて
暫くこんな会話ばかりしていたのだった


俺 「実は今日のスネア最近買ったんですよ!」

喜多氏 「俺もつい最近やで!」


2人 「一緒ですやん〜!」


喜多氏 「だから使いと〜て しゃ〜ないねん!」

俺 「俺もですわ〜!」


2人 「一緒ですやん〜!」


喜多氏 「そしたら今回の選曲やん!」

俺 「適任ですやん〜!」


2人 「ですよね〜!」


俺 「買ってから本番で何回ぐらい使いました?」

喜多氏 「え〜と・・・3回目! お前のは?」

俺 「俺のも今日で3回目ですわ〜!」


2人 「一緒ですやん〜!」





こうして・・・


小林家・・・


喜多家・・・


両新入り君は・・・


最高のライブで・・・


初共演を・・・


果たしたのだった・・・


めでたし・・・めでたし・・・












と言うより・・・



この飼い主・・・



二人が・・・



一番・・・











めでたい・・・


| Category:楽器の話 | 11:47 PM | comments (5) | trackback (0) |

コメント

なるほど〜。
楽器を担当するって、ホントに楽しそうですね〜 (^^)

| yokko | EMAIL | URL | 2006/07/01 09:36 PM |

_(_△_)ノ彡☆キャハハー

なんか、わたしがすげえ旨旨ほうじ茶みるくと赤飯まんじゅう見つけたときみたいや!
て、一緒にすんなよ〜てね。しゅみましぇ〜ん( ̄∇ ̄*)ゞ

| くま | EMAIL | URL | 2006/07/01 09:59 PM |

>yokkoさん
この気持ちは本当に不思議なもんです
俺なんかまだマシですが
一緒に抱いて寝てるのでは・・・?
と思うぐらい可愛がってる人も居ます(笑)

>くま
一緒かもしれないね!
ん・・・?  一緒か?
まぁ〜嬉しいって事よ!

| Akira | EMAIL | URL | 2006/07/02 03:42 AM |

遅ればせながら、先日はありがとうございました。

毎度色々とご迷惑をおかけしてしまってすみませんが(T.T)、
今後ともよろしくお願いします。m(_ _)m



| Nakajima | EMAIL | URL | 2006/07/05 01:54 AM |

>Nakajima

こちらこそ宜しくね!
楽しいライブだったよ!
また誘ってや〜!

| Akira | EMAIL | URL | 2006/07/07 02:31 AM |

コメントする










この記事のトラックバックURL

トラックバック

Calender

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<前月  2019年11月  次月>>

Profile


Akira Kobayashi
Birth 1971.2
Blood type O

QR Code


携帯からも読めます

Week PV Ranking

New Entries

Recent Comments

Recent Trackback

Category

Archives

Search


RSS&ATOM Feeds

  • RSS
  • ATOM
  • ATOM10

Canopus Endoser

メールはこちらから

ドラムスクール開講中!

Canopus Drum

△ このページの最上段へ