小林亮オフィシャルサイト

アキラのタイコ放浪記Ver.2

アルバイト!第3話 (初日の朝)

October 5 2005
この物語は続きの話しなので、よかったら1話から読んで下さいませ!
右にあるカテゴリーの中の「バイト時代の話」をクリックしてね!
(携帯で見てる方は、すんませんが必死に遡って下さい)



では本編へ・・・



早朝5時!目覚ましが鳴り響く!

前日の夕方からセットしてあった為、いつ寝たのかさえ記憶に無い俺でも無事起きる事が出来た。なんとなく酒が残っている体を叩き起こしマンションを出る。

目的地は梅田!

だってそれしか分からないから・・・

言われた通り午前6時前、ビックマン前に立つ。

誰か来るのか?

そらそうだろう!まさかここに立っているだけ!と言う仕事では無いよな〜?
ん?もしかして・・・そんな仕事があるのか〜?
しかしこのまま夕方まで立ってるのもな〜暇やん!
いやいや・・・って言うか意味が分からん!
もしそうなら誰から金貰うのだ?

人間って不安になると有り得ない事まで考えるようになる!



「あきら!」



後方から誰かが俺を呼ぶ(慌てて振り返る)
そこに立って居たのは・・・


先輩だったのだ!


俺「良かった〜!」「又ドッキリかと思ったわ〜」
先輩「行くぞ〜!」
俺「どこに?」
先輩「ええから着いて来い」


そこから2駅目で電車を降り5分程歩く。


先輩「あそこが会社や!」

どうやらマンションの一階が会社になっているみたいだが会社はまだ閉まっている様だ!
そしてその会社の前に3〜4人の若者が居た

「おはようございます」「おはようございます」
「おはようございます」「おはようございます」

俺もとりあえず「おはようございます」

誰やコイツ視線を一気に感じる!(やっぱ帰ろうかな〜)

すると2台のワンボックスが超猛スピードで近づいてくる!
確実にぶつかる勢いで我々の群れに突っ込んできた!


ギャー!キキー!!(慌てて逃げる)


1秒前まで皆が集まっていた所に車は停車する!
まぁ〜言い方を変えれば一瞬逃げるのが遅かったら誰かが死んでいた事になる


(俺は数日後これがこの会社の朝の儀式だと知る事になるのだが・・)


すると車から1人の男性が降りてくる。
どう見ても カ・タ・ギ には見えない人が・・・


そして俺を見てこう言う!


「こいつが T 吉 の後輩か?」


慌てて先輩が俺を皆に紹介してくれた。


「 T 吉の後輩やったら大丈夫やろうけど、しっかり仕事せーよ!」


「はい!宜しくお願いします!」


T 吉 と言うのはこの会社での先輩の愛称である。
そしてこの色黒のパンチパーマのお方が、これから何年間に渡って
俺を一人前の男に育ててくれ、又いろんな意味で可愛がってくれる事になる・・・


D さんと言う方だ!


とりあえず2台の車に乗り込み、現場とやらへ向かう!


確か大阪の西成と言う町にも似たような状況で行き先も分からぬまま出発する車があると聞いた事がある。しかし俺は車に乗ってようやく分かった事があった。

俺は車の荷台に積んである巨大な物体が気になって
隣りに座るバイト隊長らしき人( K さん)に質問してみた

俺「これなんですか?」
K さん「バスケット」
俺「何するもんですか?」
K 「熱気球にゴンドラみたいなんが、ぶら下がってるやろ?あれや!」
俺「マジっすか〜?」


そう!今回の仕事とは!!



熱気球をあげる仕事だったのだ!



そこから現場に到着するまでの道中、俺は K さんから今回の仕事内容を教わったのだ。
簡単に説明すると野外イベント会場の一角で、一般のお客さんに熱気球体験をしてもらう
という仕事らしい。

俺自身が熱気球なんて見るのも初めてで、何の事やらさっぱり分からない。
そんな俺がどんな仕事をするのだろう?

K さんが言うには、この会社は野外イベント遊具を中心に扱っている会社で、その中でも熱気球の仕事は一番大きな仕事らしい。

命に関わる事もある為、もちろんパイロットはライセンスが必要で、スタッフもある程度熟知した者でないと務まらないらしい。大勢いるバイトの中でも熱気球の仕事に入る者は数名と決まってるんだとか・・・

まぁ〜遠回しに彼が言いたかったのは

「お前今日初めてやんな?」
「なんで他の現場じゃ無くて、ここに居るの?」
「君に何が出来るの?」

みたいな事が言いたかったんだろう。
しかしよくよく話しを聞くとそれも納得できた。

プロパンガスが入った巨大なボンベを何本も積んでいる訳だし
ロープで固定して(一般客を乗せる場合は必ず)係留し、飛んで行ってしまわないようにはするものの、何十メートルかは上がる訳だし、急に突風が吹いたりしたらバスケットから人が投げ出されたりする事もあるらしいし、風で気球が暴れて中に乗っていた小さな子供がボンベに頭を打って大怪我した例もあるらしい。(この会社では無いが・・)


「ええか!お前は俺等が指示する事以外は絶対にするな!」
「お前は技術も知識も無い!」
「そのお前が必要とされるのは力仕事しかないんだから精一杯の力を使え!」


この言葉を言い渡された時に俺は思った。


「おいおい!とてもデンジャラスな仕事ではないか!」
「えらい所へ来てしまった〜」
逃げるなら今しかない!」
「でも前に座っているパンチパーマから逃げれる自信は無い!」
「こうなったら仕方ない!今日は死ぬ気で働いてやる」
「そして新たなバイト探しでもしよう!」


決心が固まった頃、車は現場へと到着した。


この会社に熱気球のパイロットは2人いる。
1人は専務でもある T さん
そしてあのパンチパーマ D さんだ
残りのスタッフは全員バイト!
隊長 K さん
先輩 T 吉さん
もう1人バイト(名前忘れた)
そして何故か俺!

計6人で作業開始だ!

| Category:バイト時代の話 | 10:51 PM | comments (3) | trackback (0) |

コメント

イーネ!バイト話w
オレも昔FAUNのサイトで書いてたなあ

ちなみにこの気球のお仕事、
オレも一度行ったことあります。アニキの紹介で(笑)
バスケットに乗せてもらって飛んだ時は感動したなあ。

オレの時はグラウンドに固定でフリー飛行じゃなかったけどね

| Gaku | EMAIL | URL | 2005/10/06 09:49 AM |

この話、おもしろ過ぎる!!笑

| 岡本陽一(Bass) | EMAIL | URL | 2005/10/06 11:02 PM |

>Gaku

そう言えば君も1回行った事あったんやったな〜
でも君が行った会社は俺がヘルプで行ってた会社で
今回の舞台になってる会社に比べたら・・・
会社自体ちゃんとしてるし・・・バイトに無茶させないし・・・
なにより髪型が普通やもん!
良かったね!?

>よ〜ちゃん

コメントありがと!でも短か!!(笑)
しゃ〜ないな〜!忘れた頃に君のブログにもコメントしよかな?
でも超長文書くで〜!

| Akira | EMAIL | URL | 2005/10/07 12:42 AM |

コメントする










この記事のトラックバックURL

トラックバック

Calender

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
<<前月  2021年04月  次月>>

Profile


Akira Kobayashi
Birth 1971.2
Blood type O

QR Code


携帯からも読めます

Week PV Ranking

New Entries

Recent Comments

Recent Trackback

Category

Archives

Search


RSS&ATOM Feeds

  • RSS
  • ATOM
  • ATOM10

Canopus Endoser

メールはこちらから

ドラムスクール開講中!

Canopus Drum

△ このページの最上段へ