小林亮オフィシャルサイト

アキラのタイコ放浪記Ver.2

アルバイト!第2話 (バイト探し)

October 4 2005
この物語は続きの話しなので、よかったら1話から読んで下さいませ!
右にあるカテゴリーの中の「バイト時代の話」をクリックしてね!
(携帯で見てる方は、すんませんが必死に遡って下さい)



では本編へ・・・



青年はプロのミュージシャンを目指し大阪へとやってきた。

これはそれから2ヶ月ぐらい経った頃の話である!


しかしバンド活動という物は結構金がかかるものだ・・・

スタジオで練習するだけで一回¥2000円!(週に1〜2回)
スティック折れたら¥1000円!
トイレのトラブル¥8000円!
シンバル割れたら¥30000円!
そして知り合いのバンド仲間のライブも見に行かなければならない!
(どこの世界にもあるんです・・・付き合いって・・・)


18歳の青年にはキツかった・・・
電車に乗る金も食べる金も無い日なんて、しょっちゅうだった・・・
ミュージシャンとは何よりも音楽を優先させる習性があったりする・・・
だから金の使い道も例外ではなかった・・・



そうだ!アルバイトだ!!



生きて行くには金が要る・・・


このままでは死ぬ・・・


死にたくなかった青年は、大阪での初バイトをする決心をした。


しかし大阪に誰一人身寄りの無い青年は、バイト先をどうやって探したらいいのかさえ分からなかったのだ。毎日決まったシフトなんか入れないし(ライブが入ったらどうする)出来れば日当がいいし〜後、絶対譲れないのは給料高い方がいいし〜


困っている割に注文が多い青年だ・・・



誰に聞こう?誰もおらんな〜??



あっ!



おった〜!!



そう言えば田舎で世話になってた先輩が大阪の大学にきているのだった!
やっぱり困った時には頼りになる先輩だ!



うすうす気付いているかもしれないが・・・




この先輩は、よくボールペンを落とす、ドライブが大好きな先輩だ!




早速電話をする


青年「あんな〜金無くてバイトしたいねん!すぐにでも始めたいんやけど」

先輩「どんなんがええねん?条件とか希望は?」


青年「そやな〜給料安いのんはアカンな!」
  
   「でも出来たら日払いがええな〜!」

   「それと流れ作業とか、単純作業は嫌やな〜!」

   「それから寂しがりややから独りぼっちも嫌やし〜!」

   「それよりやっぱやってて楽しい方がええわ〜!」

   「そら今後のミュージシャン人生に役立つ仕事とかやったら言う事ないけど〜!」




先輩「お前な・・・」




青年「あっ!あとそれから・・・」




先輩「まだあるんかい!?」



青年「決まった曜日とか時間に行けるとは限らんから行きたい時だけ行くってのが」




  「最高やな!」




先輩「そやな <spanstyle="color:blue">最高やな〜  て、」




  「殺すぞ!!」




青年「やっぱり?」


先輩「すぐ掛け直す!」


ブチッ!ツーツーツーツー・・・



この頃の青年は言いたい放題だった・・・


仕事の厳しさ、社会の厳しさ、人間の厳しさ
何1つ分かっていない青年に、この先 なが〜い なが〜い 試練を与えるべく
先輩は動いてくれたのだった!


3分後!電話が鳴る!!


青年「もしもし」

先輩「あなた様の御希望通りの仕事でございます」

青年「は?」

先輩「明日の朝6時に梅田のビックマンの前で立っとけ!」

青年「明日って・・・又急すぎるな〜」

先輩「どうせ何も無いんやろ?」

青年「まぁ〜これと言って無いっちゃ〜無いけどやな〜」

先輩「ほな!」


ブチッ!ツーツーツーツー・・・


こうして青年のバイト探しは約5分で終了した!

完全夜型生活の青年にとって朝6時とは「そろそろ寝ようか時間だ」
やばい!今日は早く寝ないと・・・

青年は日が暮れたぐらいの時間から大量の酒を呑む
予定通り日付が変わる随分前にグロッキー!


後は目が覚め6時に梅田に行けばいいらしい・・・


ちなみに青年は


何処で誰と何の仕事をするのか・・・
何1つ聞かされていない・・・


嘘の様な本当の話の始まりだった・・・

| Category:バイト時代の話 | 09:40 PM | comments (5) | trackback (0) |

コメント

>この頃の青年は言いたい放題だった、、、(?。?)

うーん?? 今でも言いたい放題だと思うが、、、、もちろん
仕事の厳しさ、社会の厳しさ、人間の厳しさ全て分かった上で。

俺も行ってたバイト先の話やナ、続きを楽しみにしてるわ。

| ダディー | EMAIL | URL | 2005/10/04 11:15 PM |

小林ワールドに、はまりました(^^)え?貴方も!
これは、ライブに、いかないと♪日記からライブへという図式は亮さん♪ならではデスネ!素敵!

| スイーツ | EMAIL | URL | 2005/10/05 02:44 AM |

>ダディー

確かに君も誘ったな〜
でも君が来るまでの1年以上の間の話ばかりやから
知らない事もあると思うで!
まぁ楽しみに!

>スイーツさん

是非ライブ見に来て下さい。
本当はドラム叩いてるんです・・・
しかし俺の日記見てライブ行きたいって思いましたか・・・
変わってはります?(笑)あっ、すんません・・・!

| Akira | EMAIL | URL | 2005/10/06 03:07 AM |

友人を見たらその人が解るようにファンをみたらそのミュージシャンが見えたりするから!そうです変わってます(^^)うふふ
いえいえ日記読んだら小林さんの才能☆実力☆は解りますえ〜(^0^)/

| スイーツ | EMAIL | URL | 2005/10/06 11:15 PM |

>スイーツさん

嬉しいお言葉ありがとうございます
ここ暫く、気楽に見に来れるライブみたいなのが少ないですが
何か興味あるのがあったら問い合わせして下さいませ!

| Akira | EMAIL | URL | 2005/10/07 12:31 AM |

コメントする










この記事のトラックバックURL

トラックバック

Calender

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
<<前月  2020年01月  次月>>

Profile


Akira Kobayashi
Birth 1971.2
Blood type O

QR Code


携帯からも読めます

Week PV Ranking

New Entries

Recent Comments

Recent Trackback

Category

Archives

Search


RSS&ATOM Feeds

  • RSS
  • ATOM
  • ATOM10

Canopus Endoser

メールはこちらから

ドラムスクール開講中!

Canopus Drum

△ このページの最上段へ