小林亮オフィシャルサイト

アキラのタイコ放浪記Ver.2

偶然

September 22 2007
今日は企業パーティーへの出演の仕事だったので
スケジュールには載せてませんでしたが
FAUN TIME でベロニカと言うライブハウスに行ってきた


10人編成のディスコバージョンでの出演だったのだが
いつもの通り最終的には客席は総立ちで大盛り上がりだった


夕方に会場入りした俺はステージの配置についてや
モニター等の件で打ち合わせをするべく
PAさんを呼んで貰った


そこに現れたのは・・・


確か昨日も会った記憶がある人・・・


と言うか週に1〜2回は必ず会っている人・・・


実は俺が結構世話になっているPAエンジニアの方が居て
その方が経営しているスタジオで俺はレッスンもさせて貰っている


そのスタジオのスタッフでもあり、そのPAエンジニアの方の
エンジニアとしての弟子でもある女性が居る


なんとその女性が本日のエンジニアさんだったのだ!


いつもこの店に入っているエンジニアさんが他の現場に行く為
急遽要請されて代わりに来てくれたらしい!


昨日もスタジオで馬鹿話しばっかりしていたのに
今日の事なんて一言も話さなかったのに


まさか俺も彼女が一緒の現場なんて思ってもみなかったし
彼女も俺が明日何処で何の仕事をするのかなんて知る訳も無く


それはそうと、彼女とは知り合ってから結構の月日が経つが
スタジオでは毎週の様に会うのに、実は現場で一緒になるのは初めてだった


だから普段スタジオで接する彼女とは違う
本職であるPA屋さんとしての彼女を見れて
そして一緒に仕事ができて何だか嬉しかった


そんな中、イベントも無事に終わり
ホッと一安心している時


「小林さん!」


と俺を呼ぶ声がする・・・


振り返ってみると、数年前に専門学校で教えてた
ドラムの卒業生が立っていた・・・


一瞬・・・


分からなかった・・・


何故なら、彼は卒業と同時にバンド活動する為に
東京に出て行ったのを聞いていたから


だから俺の中では大阪に居るはずが無い
卒業生だったからだ・・・笑


話を聞くと2年前に大阪へ戻ってきたらしく
今はこっちでバンド活動を頑張っているらしい


そして今日出演したライブハウスで
2ヶ月前からアルバイトをしているとか



いやいや・・・



世の中・・・



本当に・・・



狭いね・・・



ちなみに今回出演したベロニカと言うライブハウスの
ブッキング関係の仕事をしてるスタッフも卒業生だし
今回の照明をしてくれたスタッフも卒業生


これだけ長い間この仕事をしていると(学校も含め)
何処に行っても知り合いが居る様になるんだろうな・・・笑


そんな事を思った一日だった・・・






最後に・・・この話とは全く関係無いが・・・

本日のシュンスケ (FAUN TIME 男性ボーカル)







やっぱ似合ってるよな・・・笑



| Category:世間話し | 11:04 PM | comments (0) | trackback (0) |

コメント

コメントする










この記事のトラックバックURL

トラックバック

Calender

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
<<前月  2019年05月  次月>>

Profile


Akira Kobayashi
Birth 1971.2
Blood type O

QR Code


携帯からも読めます

Week PV Ranking

New Entries

Recent Comments

Recent Trackback

Category

Archives

Search


RSS&ATOM Feeds

  • RSS
  • ATOM
  • ATOM10

Canopus Endoser

メールはこちらから

ドラムスクール開講中!

Canopus Drum

△ このページの最上段へ