小林亮オフィシャルサイト

アキラのタイコ放浪記Ver.2

山根康広 MARIA TOUR 09

September 1 2009
29日、30日の赤坂BLITZを最後に
山根康広 MARIA TOUR 09 が終了致しました





東名阪で5日間のツアーでしたが
内容の濃い素晴らしいコンサートでした


久し振りにフルショット連発のライブだったので
大阪の2DAYSの後は少し筋肉痛になりましたが・・・泣
今回の東京2DAYSは何とか大丈夫でした


だからと言って手を抜いたのではありません!
どちらかと言うとパワーアップしてたぐらい違うかな・・・笑


更に力を使わずにパワーが出せるショットになったって事でしょう!


でも最終日に至っては調子に乗って叩きまくって
これまた久し振りにスティックを折りました!笑





そんな感じで最後まで1打1打魂込めて
シバいて来ました!笑


今回のドラムセットはカノウプスからのレンタルだったので
叩きやすさや、音も何の問題も無かったのですが
シンバルはレンタル会社のAジルだったので
自分のシンバルに比べて音が違って少し違和感があったけど
実はロック系の曲には結構合ってたかもです・・・笑





これはリハーサル中に自分の座る場所から
ステージ側を撮ってみました


ちなみに客席の真ん中に座ってはるのが
バンドリーダーの島田さんで
頭だけ写ってるのがサックスの充君です


「これでツアーも最後かぁ・・・」と思ったら
少し寂しい気もしましたが・・・
ライブは本当に超盛り上がりました


そしてなんと最終日はトリプルアンコールまで飛び出し
お客さんも大興奮でした


しかしまぁ山根さんの体力は凄いですわ


全曲全て本気歌いで、暴れまくって、走りまくって、1回転して・・・
それが3時間だもんな・・・超人ですわ・・・笑


そんでもって最終日のライブ後は
ファンの方(約200人ぐらい?)と一緒に
打ち上げイベント!


ほんまメッチャ楽しかったな〜!
あんな面白い打ち上げは久し振りでした!


僕も色んなゲームに参加させてもらって
一緒に楽しませて頂きました


そんなこんなでツアーは終了し
俺は次の日、東京でレッスンして
本日大阪に戻って参りました


さて次回の山根さんは10月です


又その日まで



| Category:音楽の話 | 09:17 PM | comments (2) | trackback (0) |

コメント

はじめまして!!
以前からブログを拝見させていただいておりましたが、
はじめて書き込みます。
8月29、30日の赤坂BLITZのライブに参加しました。
2日間ともアキラさんの正面辺りでジャンプし〜の、叫び〜のでしたが、
奇跡的に筋肉痛にはなりませんでした。

アキラさんのドラム、とってもパワフルだな〜と思っとりましたが、
スティック折れちゃったんですね☆彡
アーティストの皆さんが全力で演奏してくださるので、
客の私達もとっても楽しませていただきました!!
ありがとうございました。

ちなみに山根さんのお名前は「康弘」さんではなく「康広」さんですよ〜(笑)

| りん | EMAIL | URL | 2009/09/02 10:48 PM |

>りんさん
うわぁ!ほんまや!やば〜!(汗)
帰りの新幹線で意識朦朧としながら日記更新したので
漢字の変換を間違えてたみたいです・・・泣
申し訳ありません・・・
スケジュールとかは以前から正しい漢字でしたのでご安心を!
それにしても2日間もお疲れ様でした!
そして有り難うございました!
又ジャンプし〜の、叫びーの、しに来て下さいませ!笑

| Akira | EMAIL | URL | 2009/09/02 11:33 PM |

コメントする










この記事のトラックバックURL

トラックバック

Calender

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
<<前月  2019年01月  次月>>

Profile


Akira Kobayashi
Birth 1971.2
Blood type O

QR Code


携帯からも読めます

Week PV Ranking

New Entries

Recent Comments

Recent Trackback

Category

Archives

Search


RSS&ATOM Feeds

  • RSS
  • ATOM
  • ATOM10

Canopus Endoser

メールはこちらから

ドラムスクール開講中!

Canopus Drum

△ このページの最上段へ