小林亮オフィシャルサイト

アキラのタイコ放浪記Ver.2

台風

September 7 2005
今日は教えに行っている専門学校が台風の為休みになった。

大変な事になっているんだと、外を見た。
晴れている、雨1つ降っていない、すこ〜し風が吹いている程度。

???

テレビをつけて見ると台風は日本海(しかもえらい遠い所)にいた。
天気予報士(石原良純ではなかったが)の話を聞くと、今回の台風は勢力が強いみたいで、本州を包んでしまうほどの強風域らしい。よって全国的に警報が出ているみたいだ。
その結果学校が休みなのだ!

しかし子供の頃って、台風が来るとワクワクしてた思い出がある。←俺だけか〜?
台風が近づくと街は静まりかえり、あの変なスリルと、イベント前の興奮みたいな・・・

それがたまらなく好きだったのだ。

だから意味も分からないクセに、こんな時だけニュース見て、警報なんかが発令された日にゃ〜大喜び!そら学校が休みになるから!
○○岬とかから吹き飛ばされそうな中、レポーターが中継しているのを、心配そうにテレビ見ている親の横で、うらやましそ〜にレポーターを見つめる俺!

とにかく「台風」=「心躍る」という図式が出来上がってたように思う
(俺は頭おかしいのかな〜?)

ところが中学校の時だった。ちょっと憧れていた先輩(女子)のお父さんが台風で亡くなられたのだ。中学生にもなっているのに「台風」=「胸弾む」という図式が揺るぎない物になってた俺はショックを受けた。あの可愛い先輩がクシャクシャの顔をして泣いているのを見て、俺は反省をした。ひとつ大人になったのかもしれない。

その日を境に、俺の「台風」を見る目が変わった。

「台風」=「恐い、憎い」

あれから20年ぐらい経つのか〜
あの頃は「台風」が来る度に、あの先輩の事を思い出したりしてたな〜
でも人間って(俺だけか?)少しずつ忘れていくんだな〜
大阪に住み始めて15年以上、だんだん「台風」=「他人事」みたいになってきていた。


去年あの衝撃を受けるまでは・・・


先週アメリカでもハリケーンで物凄い被害が出ている。我らミュージシャンの故郷、音楽の都ニューオリンズなんか、えらい事になっている。

実は俺の実家の近くに兵庫県豊岡市と出石町という町がある。そこは去年の台風23号で、すさまじい危害にあった場所なのだ。いわゆる被災地である。

再び俺にあのショックがよみがえった。

被害を受けた町の状況は、今回のニューオリンズとかと全く同じ状態で、河川の堤防が破壊され、盆地という形状の為に町全体が水に浸かってしまったのだ。5万人以上に非難指示が出され、物凄い数の被害者や、死者も出た。

なのに案外知られていないのである。というのも、ほぼ同時期(二日後)にあの新潟中越地震が起きたからである。だからテレビのニュースも地震の事ばかりだった。その為、援助物資や復興を助けるボランティアが全然集まらなかったのである。関西からも新潟にはボランティアは行くが、こんな近くでこんな被災地があるのに豊岡には全然来なかったらしい。

俺でさえ、その悲惨さは後から知ったぐらいだから。

俺は今年の正月に初詣がてら被災地に行ってみた。二ヶ月しか経っていない町は物凄い勢いで復興していた。信じられなかった。話を聞くと、ほとんどの人が仕事もせず助け合い、自分達の手で復興してるらしい。しかし周りを見渡せば、いたる所で家が取り壊されてたり、新しい家を建て始めている所もある。少し脇道に入ると、ガレキの山はそのままで、未だに泥の臭いがする場所もあった。山を見れば山崩れしたままの状態や、立ち入り禁止の場所もたくさんあった。

言葉が出なかった。

阪神大震災が起きた次の日に神戸まで友達を迎えに行った。その神戸の街を生で見た時もこう思った。

テレビで見るのとは全然違う。
自然災害とは恐ろしいものである。

自然の力は、人を癒してくれたり、色んなパワーをくれたりする。
しかし人を襲ったり、傷つけたりもする。

こんな事があったんだよって、ちょっと知って欲しかっただけです。

豊岡市、神戸新聞とかから取ってきた写真です

           


そして数日後です


    

| Category:まじめな話 | 03:21 PM | comments (4) | trackback (0) |

コメント

はじめまして。。。0^0^0

実は私の実家も豊岡市(今年の4月から)なんです〜
去年の台風の翌日に帰省の予定でしたが電車もなくて。。。
2日後ですが電車もバスも関西からやと途中までしか走っておらず、但馬空港まで帰ろうかとも思いましたが、空港から実家までの交通手段がなく断念しました。
車で帰る事も相談しましたが、走れないよ! ???
身内に『何か出来ることない?』と話しても『お前のあった阪神大震災を考えれば頑張れる!』なんて事も言われ涙したのを思い出しましたm(_¥)m

この話とは、全く関係ないのですが。。。
先程、仕事場に来客があり名刺を見てビックリ0(><)0
akiraさんと同棲?同姓同名でしたよ!
実はこのことを伝えたかっただけです(ノ><)ノ

| Elli♪ | EMAIL | URL | 2005/09/08 11:53 AM |

コメントありがとうございます〜!

じゃぁ実家は大変だったんですね〜?
何かしたい気持ちだったり、何かしないといけない時なのに、何も出来ないって辛いですよね?

自分も親を田舎において出てきてるのでよく分かるな〜!
俺等が出来る事は元気で頑張る事ぐらいなのかなって思ったりします。

そうそう同じ名前の人って「亮」って書いて「りょう」って読むんじゃないですかね〜?それなら俺も見た事あります。

もし「あきら」なら会ってみたい・・・

| Akira | EMAIL | URL | 2005/09/08 04:20 PM |

Akiraさんに会わせてあげたかったので。。。
勇気を出して名前を先程確認しました(^m^*)

やっぱ『りょう』やった(ノ><)ノ

| Elli♪ | EMAIL | URL | 2005/09/09 01:37 PM |

わざわざ聞いてくれたんですか?

ありがとうございます。

普通は「りょう」ですわ。「あきら」って聞いた事ないもん。

名字が違う場合は「亮」で「あきら」って読むのは何人も見たけど
「小林」に「亮」←「あきら」やったら親も気付くでしょう?

俺の親はなんでやろ〜?

| Akira | EMAIL | URL | 2005/09/09 01:43 PM |

コメントする










この記事のトラックバックURL

トラックバック

Calender

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
<<前月  2021年01月  次月>>

Profile


Akira Kobayashi
Birth 1971.2
Blood type O

QR Code


携帯からも読めます

Week PV Ranking

New Entries

Recent Comments

Recent Trackback

Category

Archives

Search


RSS&ATOM Feeds

  • RSS
  • ATOM
  • ATOM10

Canopus Endoser

メールはこちらから

ドラムスクール開講中!

Canopus Drum

△ このページの最上段へ